日本生物工学会は、生物工学の分野において高度に、顕著な業績をあげた本会会員に対し、生物工学賞を授与しています。

受賞者一覧

 受賞年受賞者・所属
(受賞当時)
受賞課題
第36回2017
(H.29)
田谷 正仁
(阪大院・ 基礎工)
構造体形成を伴う動植物細胞の培養と利用に関する生物工学研究
第35回2016
(H.28)
園元 謙二
(九大院・ 農)
pdfアプローチをデザインするスマート発酵工学の基盤研究
(生物工学会誌95巻1号掲載)
第34回2015
(H.27)
飯島 信司
(名大院・工)
pdf動物における遺伝子の発現制御および有用タンパク質生産技術の開発(生物工学会誌94巻1号掲載)
第33回2014
(H.26)
原島 俊
(阪大院・工)
pdf酵母を用いた真核生物遺伝子機能の解明とバイオテクノロジーへの応用(生物工学会誌93巻1号掲載)
第32回2013
(H.25)
大竹 久夫
(阪大院・工)
pdfリンのバイオテクノロジーに関する先導的研究
(生物工学会誌92巻1号掲載)
第31回2012
(H.24)
関口順一
(信州大)
細菌細胞壁溶解・修飾酵素群の総合的研究
(生物工学会誌91巻2号掲載)
第30回2011
(H.23)
清水 和幸
(九州工大)
システム生物工学および細胞の統合的代謝制御に関する研究
(生物工学会誌90巻1号掲載)
第29回2010
(H.22)
木田 建次
(熊本大院・自然科学)
バイオマスのバイオガス化・バイオエタノール化のための基盤技術開発とその応用(生物工学会誌89巻1号掲載)
第28回2009
(H.21)
塩谷 捨明
(祟城大・生物生命)
生物プロセスシステムの最適化に関する研究
(生物工学会誌88巻1号掲載)
第27回2008
(H.20)
五十嵐 泰夫
(東大院・農学生命科学)
微生物集団の構造と機能およびその利用に関する研究
(生物工学会誌87巻1号掲載)
第26回2007
(H.19)
西尾 尚道
(広島大院・先端)
嫌気微生物による有用物質生産と環境浄化・エネルギー回収への応用 (生物工学会誌86巻1号掲載)
第25回2006
(H.18)
新名 惇彦
(奈良先端大・バイオ)
植物の生物工学的利用のための基盤技術開発とその応用  
(生物工学会誌85巻1号掲載)
第24回2005
(H.17)
田中 秀夫
(筑波大院・生命環境)
PDF培養装置の開発とその実用的利用
(生物工学会誌84巻1号掲載)
第23回2004
(H.16)
大宮 邦雄
(名城大)
嫌気性細菌の機能を駆使したバイオマスの有効利用
松永 是
(東京農工大)
生物磁石の利用に関する基礎的研究
第22回2003
(H.15)
室岡 義勝
(阪大)
遺伝子工学の基盤技術開発
第21回2002
(H.14)
吉田 敏臣
(阪大)
培養工学の展開:発酵工学からセルプロセッシングエンジニアリングへ
第20回2001
(H.13)
今中 忠行
(京大院・工)
極限環境微生物の探索と利用
山根 恒夫
(名大院・生命農)
微生物、酵素および遺伝子の関与する反応の工学的研究
第19回2000
(H.12)
小林 猛
(名大院・工)
生物化学工学の新しい研究領域の開拓
第18回1999
(H.11)
石崎 文彬
(九大院・生資環科)
嫌気性微生物による有用物質生産に関する生物工学的研究
第17回1998
(H.10)
木村 光
(京大・食研)
酵母の機能解析とその応用
第16回1997
(H. 9)
田中 渥夫
(京大・工)
生体触媒の開発と利用に関する研究
第15回1996
(H. 8)
藤尾 雄策
(九大・農)
微生物機能の環境,食品への利用に関する研究
山田 靖宙
(阪大・工)
微生物二次代謝物質に関する生物有機化学的研究
第14回1995
(H. 7)
永井 史郎
(ヤエガキ醗酵技研)
微生物培養プロセスの工学的研究
第13回1994
(H. 6)
児玉 徹
(東大院・農生)
微生物炭酸固定の多様性とその利用
第12回1993
(H. 5)
戸田 清
(東大・分子細胞)
連続微生物反応プロセスの研究
第11回1992
(H. 4)
外村 健三
(福山大・工)
環境・資源微生物の機能開発に関する研究
大嶋 泰治
(阪大・工)
酵母の分子生物学的手法による育種とその応用

►学会賞Topへ

Get Adobe Reader
PDFファイルをご利用いただくためにはAdobe Reader(無料)が必要となります。ダウンロードはこちらから。