第73回日本生物工学会大会(2021)では、 シンポジウム課題を2020年11月1日(日)~2020年12月28日(月)に公募しました。本大会では、10月27日(水)~29日(金)の3日間に亘って、 以下の18件のシンポジウムを開催いたします。
⇒シンポジウム趣旨一覧はこちら

シンポジウム課題およびオーガナイザー

シンポジウム 課題オーガナイザー(所属)
1.バイオ戦略2020で目指すバイオエコノミー社会に向けての取り組み【本部企画】 髙木 忍(合同酒精)
今井 泰彦(野田産研)
岡 賀根雄(サントリー)
安原 貴臣(アサヒクオリティアンドイノベーションズ
2.「ゲノム合成」という方法論の秘めた可能性を考える 高木 博史(奈良先端大)
相澤 康則(東工大)
3.創薬モダリティを支えるために次世代型遺伝子導入・ゲノム操作技術ができること 金岡 英徳(名大)
河邉 佳典(九大)
4.醸造技術の新展開 ―原料~醸造のこれから ―【本部企画】 明石 貴裕(白鶴酒造)
秦 洋二(月桂冠)
赤尾 健(酒類総研)
5.泡盛の基盤研究と産業応用 ―地域特産品の研究成果を活用するには ― 塚原 正俊(バイオジェット)
平良 東紀(琉球大)
6.持続型・循環利用型社会を実現する複合微生物工学研究の最前線と展望 田代 幸寛(九大)
前田 憲成(九工大)
井上 謙吾(宮崎大)
7.カーボンリサイクルに貢献する微生物 木邑 敏章(環境バイオテクノロジー学会・NEDO)
加藤 純一(広島大)
森川 正章(北大)
8.バイオとデジタルの融合による世界最先端のバイオエコノミー社会の実現に向けて
~データ駆動型バイオテクノロジーを支えるデータプラットフォーム~
川﨑 浩子(製品評価技術基盤機構)
福崎 英一郎(阪大)
9.バイオエコノミーとグローカルバイオテクノロジー 古賀 雄一(阪大)
河原崎 泰昌(静岡県大)
仲嶋 翼(三菱UFJ リサーチ&コンサルティング)
10.再構成的アプローチによる生物システムの理解と工学的活用 田端 和仁(東大)
後藤 佑樹(東大)
11.大学ブランドのお酒造りから学ぶ発酵醸造学 榊原 陽一(宮崎大)
小林 元太(佐賀大)
12.KSBB-BEST-SBJ合同シンポジウム Biotechnology for SDGs《国際シンポジウム》 藤山 和仁(阪大)
13.食のおいしさの計測科学の現状と課題【本部企画】 林 圭(三和酒類)
児島 宏之(味の素)
今井 泰彦(野田産研)
安原 貴臣(アサヒクオリティアンドイノベーションズ
14.バイオ分析の医療展開を目指して -ネオホストバイオテクノロジーの創成- 花井 泰三(九大)
上田 宏(東工大)
神谷 典穂(九大)
座古 保(愛媛大)
15.国内バイオリソースと極限環境生物研究の融合による産業シーズの開拓 若井 暁(海洋研究開発機構)
16.未培養微生物(微生物ダークマター)の分離・培養・開拓の新展開 青柳 秀紀(筑波大)
中尾 洋一(早稲田大)
青井 議輝(広島大)
木村 信忠(産総研)
17.酢酸菌ナノセルロース研究の最前線:合成の分子メカニズムと応用 外山 博英(琉球大)
田島 健次(北大)
18.日本における海洋生分解性プラスチック開発の最先端 乾 将行(地球環境産業技術研究機構)
中村 純(味の素)