募集人員助教(任期無し)
概要大阪大学大学院情報科学研究科バイオ情報工学専攻代謝情報工学講座では、生物を利用した物質生産のための代謝デザイン、代謝解析、分子育種、バイオプロセス開発などを目指した研究・教育を行っています。それを達成するための生命科学と情報科学を融合する領域で研究・教育を展開できる助教を募集します。
詳細URL(和文)
http://www.ist.osaka-u.ac.jp/japanese/introduction/job-openings.html
(英文)
http://www.ist.osaka-u.ac.jp/english/introduction/job-openings.html
専門分野代謝情報工学
応募資格

[必須条件]

  1. 博士またはPh.D.の学位を有すること。(着任時)
  2. 微生物を用いたウェット実験、遺伝子操作、新規代謝経路の合成、代謝経路および代謝酵素の改良、生物情報解析など、いずれか、もしくは複数において優れた経験、または、強い意欲があり、上記専門分野における研究指導、演習を担当できる優れた専門知識と研究業績を有すること。
  3. 工学への応用を前提に、分子育種・プロセス開発のための代謝情報工学の研究・教育を積極的に展開できること。
  4. 講義、演習、学生指導を行う日本語能力を有すること。
     

[望ましい条件]

  • 代謝情報工学分野における教育と研究に熱意を持っていること。
採用年月日2020年4月1日(以降できるだけ早い日)
応募締切日2019年12月27日(金)
応募書類応募書類は英語または日本語で記述のこと
  1. 履歴書
    以下のサイトより、「各種様式ダウンロード」の項から「教育研究系職用」の応募用履歴書をダウンロードしてお使いください。
    https://www.osaka-u.ac.jp/ja/news/employ
     
  2. 研究業績リスト (原著論文、解説・総説、著書、特許、主な国内外の学会発表、競争的資金の獲得状況、シンポジウム主催、学会活動など)
  3. 主要原著論文1編の別刷(コピー可)
  4. これまでの受賞名とその概要
  5. これまでの研究、教育活動の概要(A4用紙1枚)
  6. 着任後の研究と教育に対する抱負(A4用紙1枚)
  7. 照会可能な方1名の氏名・所属・連絡先
  8. 英語能力に関する資料(TOEFL、TOEIC、英検等の成績証明書のコピー、海外滞在や英語を使った業務の経験の説明等)

送付先・問合せ先

(郵送の場合)
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-5
大阪大学大学院情報科学研究科バイオ情報工学専攻 教授 清水浩宛
※封筒の表に、「バイオ情報工学専攻助教応募書類在中」と朱書きすること。
※書留郵便で送付すること。
※応募書類については返却いたしません。

(メールの場合)
E-mail:
※件名を「バイオ情報工学専攻助教応募」とすること
※添付ファイル(PDF)にはパスワードを付し、パスワードは別送すること

<担当者> 清水 浩 Tel: 06-6879-7446 E-mail: