募集人員助教1名(コンソーシアム教員、テニュアトラック)
テニュアトラック期間満了までにテニュア審査を合格すれば准教授に昇任
所属広島大学大学院統合生命科学研究科
専門分野生物工学(環境バイオテクノロジー)特に応用生物学研究および生物相互作用研究に関する実績を有すること
詳細URLhttps://www.hiroshima-u.ac.jp/employment/kyoinkobo/ilife
【コンソーシアム教員】大学院統合生命科学研究科 助教(テニュアトラック)(生物工学(環境バイオテクノロジー))の項
応募資格以下に掲げる条件をすべて満たす者。
  1. 2020年4月1日に、博士号を取得後10年以内(※1)又は同等程度の研究経歴(※2)を有し、かつ、40歳未満(※3)である女性研究者
  2. 英語によるコミュニケーション能力を有すること
  3. 日本語又は英語による学部・大学院生への授業及び研究指導ができること
  4. 2021年4月1日以降、できる限り早い時期に赴任できること(2021年度中であること)
  5. 科学技術イノベーションの実現に向けて積極的な研究活動を行う意志をもつこと
※1 産前・産後休暇および育児休暇を取得した方は、その取得期間について10年を越えることが可能です。
※2 博士課程に標準年限以上在学し、所定の単位を修得した上、退学した者(いわゆる「満期退学者」)で、 退学後10年以内の研究者。
※3 文部科学省の平成26年度科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業による補助対象のため、雇用 対策法施行規則第1 条の3第1項第3号ニに該当するとして実施します。
採用予定日2021年4月1日以降のできるだけ早い時期
提出期限2020年9月25日(金)10:00(日本標準時間)必着
書類提出先応募書類を全てPDFファイルにし、E-mailに添付して「未来を拓く地方協奏プラットフォーム」コンソーシアム事務局()に送付。

E-mailの件名及び添付ファイル名は、”Consortium(14)”の文言の後ろに応募者の姓名を括弧書きで加えたものとすること(例えば、山田太郎さんの場合は、Consortium(14)(Yamada_T)となる)。
問合せ先
  • 応募についての問合せ先:
    「未来を拓く地方協奏プラットフォーム」コンソーシアム事務局
    E-mail:
     
  • 研究環境についての問合せ先:
    広島大学東広島地区運営支援部 理学系支援室分室 総務担当
    E-mail: