• 日時:2022年11月29日(火)13:00~16:35
     
  • 会場:オンライン開催
     
  • 詳細URL: https://www.scj.go.jp/ja/event/2022/331-s-1129.html
     
  • 開催趣旨:
    自ら動くことのできない植物は、大気中の二酸化炭素から多種多様な有機物を生成する能力により、地球環境の保全、農作物としての食糧維持になど貢献してきた。一方、多量施肥農業による土壌の劣化、乱獲による絶滅危惧種の出現などさまざまな問題が生じ、環境の負荷の少ないサステイナブルな農業生産、ものづくりが求められている。そのためには植物生理・植物代謝の理解にとどまらず、オミクス解析、情報科学などを取り入れ、分子からフィールドまでの植物、土壌環境、微生物の相互作用の統合的な解析、さらには、有用物質の持続的な生産に向けゲノム編集技術などを活用した合成生物学的思考も必要である。本シンポジウムは、農芸化学分科会と植物科学分科会が連携して、基盤研究から産業応用までを見据えた最新研究に関わる研究者の講演、パネルディスカッションなどを通して、SDGs達成に向けた社会問題解決のための道筋について議論する。
     
  • 講演内容:

「作物と微生物叢の同時改良するホロゲノム選抜法の開発」
 ……岩田 洋佳(東京大学大学院農学生命科学研究科)

「根圏ケミカルワールドの解明と作物頑健性制御への応用」
 ……杉山 暁史(京都大学生存圏研究所)

「木質バイオマス生合成の分子的理解とその応用に向けて」
 ……大谷 美沙都(日本学術会議連携会員、東京大学大学院新領域創成科学研究科)

「植物ホルモン生合成・シグナル伝達の理解からバイオマス生産向上へ」
 ……榊原 均(日本学術会議連携会員、名古屋大学大学院生命農学研究科)

「ゲノム編集で新しい植物を創る・新しいものを造る」
 ……刑部 祐里子(東京工業大学生命理工学院)

パネルディスカッション「植物研究は、SDGs達成にどのように貢献するか

  • 申し込みサイト: https://forms.gle/uHLfnhb9WDmxSXwY7
     
  • 問合せ先:
    日本学術会議農芸化学分科会・植物科学分科会シンポジウム事務局
    E-mail: