本イベントは開催延期となりました。

質量分析インフォマティクス研究会は、日本バイオインフォマティクス学会(JSBi)の公募研究会として2016年4月から活動を開始した研究会です。研究会の目的は、質量分析学(及びその関連)研究コミュニティと(バイオ)インフォマティクス研究コミュニティの交流を進めることで、今までに4回の公開ワークショップと3回のハッカソンを開催してきました。

この度、第5回の公開ワークショップが、初めて関西で開催されることが決定しました。参加への制限は一切ありません。幅広い分野・背景・動機を持たれる方々の参加を歓迎します。 また前回に引き続き、参加者による短時間の一般講演(口頭発表、10分程度)を募集します。

「方法論・ソフトウェア・データベースなどを開発した」
「質量分析データの情報学的研究を行った」
「現在の研究の問題点を打開するために情報学的研究が必要である」
「このような問題を抱えているが、一緒に研究できる人はいないか」

といった話題のほか、コミュニティへの要望や話題提供なども歓迎ですので、この機会をぜひご活用ください。

詳細な情報は研究会のweb(http://ms-bio.info/2020ws.html)をご参照ください。
積極的なご参加をお待ちしています。

  • 日時:2020(令和2)年4月30日(木)(午前10時頃~午後7時頃)
     
  • 場所: 京都大学薬学部・医薬系総合研究棟 1F 藤多記念ホール
       (京都市左京区吉田下阿達町46-29)
       ※今まで4回開催した、東京・市ヶ谷のJST本部ではありませんのでご注意ください。
     
  • 一般講演申込締切日:2020年4月1日(水)
     
  • 問合せ先:
    質量分析インフォマティクス研究会・担当世話人
    山本博之(ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ)
    守屋勇樹(情報・システム研究機構 ライフサイエンス統合データベースセンター)
    吉沢明康(京都大学大学院薬学研究科)
    E-mail: