第71回日本生物工学会大会(2019)では、 シンポジウム課題を2018年11月1日(木)~2018年12月28日(金)に公募しました。本大会では、9月16日(月)~18日(水)の3日間に亘って、 以下の23件のシンポジウムを開催いたします。 ⇒シンポジウム課題および趣旨一覧はこちら

9月16日(月)午後 13:15~15:15

シンポジウム課題・開催時間・会場 オーガナイザー
微生物ダークマターとマイクロバイオータ研究が導く新しい生物工学(13:15~15:15)
♦ S2会場(A棟4階 A41)詳しくはこちら
花井 泰三(九大)
青柳 秀紀(筑波大)
石井 正治(東大)
酵母におけるアミノ酸研究の新展開(13:15~15:15)
♦ S4会場(E棟1階 E11)詳しくはこちら
高木 博史(奈良先端大)
水沼 正樹(広島大)
動物細胞培養の新研究領域への挑戦~学問の境界領域で起こるイノベーションを目指して~(13:15~15:15)
♦ S5会場(E棟2階 E21)
蟹江 慧(名大)
堀江 正信(京大)
岩井 良輔(岡山理大)
曽宮 正晴(阪大・産研)

9月16日(月)午後 15:00/15:30~17:30

シンポジウム課題 オーガナイザー
世界を目指す日本の酒類【本部企画】(15:30~17:30)
詳しくはこちら♦ S1会場(A棟2階 A21)
堤 浩子(月桂冠)
山田 修(酒総研)
髙瀬 良和(霧島酒造)
産業化を目指した生体分子工学の新たな潮流(15:00~17:30)
15:00よりKSBB招待講演を開催 [Prof. Tae-Joon Jeon (Inha Univ.)]
詳しくはこちら♦ S3会場(B棟4階 B41)
座古 保(愛媛大)
上田 宏(東工大)
神谷 典穂(九大)
食品成分が腸内環境に及ぼす影響(15:30~17:30)
詳しくはこちらS4会場(E棟1階 E11)
北垣 浩志(佐賀大)
中山 二郎(九大)

9月17日(火)午前 9:00/9:30~11:30

シンポジウム課題 オーガナイザー
次世代のバイオプロセスを拓く複合微生物系精密制御技術(9:30~11:30)
詳しくはこちらS2会場(A棟4階 A41)
常田 聡(早大)
加藤 純一(広島大)
春田 伸(首都大)
食農工産業の持続的発展を牽引する次世代植物バイオテクノロジー(9:00~11:30)
11:00よりKSBB招待講演を開催 [Prof. Hei CHan Lee (Sun Moon Univ.)]
詳しくはこちらS3会場(B棟4階 B41)
岡澤 敦司(阪府大)
高橋 征司(東北大)
田口 悟朗(信州大)
タンパク質工学におけるドライ-ウェット技術融合の新展開(9:30~11:30)
詳しくはこちら♦ S5会場(E棟2階 E21)
今中 洋行(岡山大)

9月17日(火)午後 13:15~15:15/15:45/17:15

シンポジウム課題 オーガナイザー
持続可能な開発目標(SDGs)を生物工学にどう活用するか【本部企画】(13:15~17:15)
詳しくはこちら♦ S1会場(A棟2階 A21)
安原 貴臣(アサヒビール)
児島 宏之(味の素)
田口 精一(東農大)
髙木 忍(ノボザイムズ ジャパン)
今井 泰彦(キッコーマン)
Development of Biosensing Technology Targeting Sustainability Development Goals(13:15~15:45)
「持続可能な開発目標を目指したバイオセンシングの開発と展開」《国際シンポジウム》
15:10よりKSBB招待講演を開催 [Prof. Jong Wook Hong (Hanyang Univ.)]
詳しくはこちら S3会場(B棟4階 B41)
朴 龍洙(静岡大)
民谷 栄一(阪大)
複雑組織製造に必要な基盤技術を考える~バイオリアクターの側から~(13:15~15:15)
♦ S4会場(E棟1階 E11)詳しくはこちら
長森 英二(大工大)
伊藤 大知(東大)
物質生産や代謝制御における呼吸鎖の役割(13:15~15:15)
S5会場(E棟2階 E21)詳しくはこちら
 
川向 誠(島根大)
藥師 寿治(山口大)

9月17日(火)午後 15:00/15:30~17:30

シンポジウム課題 オーガナイザー
微生物による物質生産の新展開(15:00~17:30)
15:30よりKSBB招待講演を開催 [Prof. Sung Ok Han (Korea Univ.)]
S2会場(A棟4階 A41)詳しくはこちら
清水 浩(阪大)
新しいデータ駆動型サイエンスによる複雑な生命現象の理解(15:30~17:30)
S4会場(E棟1階 E11)詳しくはこちら
青木 航(京大)
植田 充美(京大)
微生物ポリアミンが支える高齢化社会の生活(15:30~17:30)
S5会場(E棟2階 E21)詳しくはこちら
藤原 伸介(関西学院大)
栗原 新(石川県大)

9月18日(水)午前 9:30~11:30

シンポジウム課題 オーガナイザー
Recent Topics on Cultivation and Measurement: New Challenges by Start-Up Companies【本部企画】(9:30~11:30)
「培養計測の最近のトピックス~スタートアップ企業による新たな取り組み~」《国際シンポジウム》
9:30より特別招待講演を開催 [Prof. Jochen Buechs (RWTH Aachen Univ.)]
詳しくはこちらS1会場(A棟2階 A21)
富田 悟志(エイブル)
佐久間 英雄(丸菱バイオエンジ)
今井 泰彦(キッコーマン)
児島 宏之(味の素)
安原 貴臣(アサヒビール)
大規模な遺伝子・ゲノムを扱うツールとしての接合伝達システムの開発と展望(9:30~11:30)
S2会場(A棟4階 A41)詳しくはこちら
板谷 光泰(慶大)
インシリコタンパク質設計で加速するタンパク質工学・応用構造生物学(9:30~11:30)
詳しくはこちらS3会場(B棟4階 B41)
伊藤 創平(静岡県大)
杉森 大助(福島大)
三原 康博(味の素)
生体と対話するナノ界面科学(9:30~11:30)
S5会場(E棟2階 E21)詳しくはこちら
梅津 光央(東北大)
吉野 知子(農工大)
大河内 美奈(東工大)

9月18日(水)午後 13:15~15:15

シンポジウム課題 オーガナイザー
生合成工学における有用生体機能分子の次世代創製技術(13:15~15:15)
詳しくはこちら S2会場(A棟4階 A41)
荒川 賢治(広島大)
丸山 千登勢(福井県大)
日本におけるバイオジェット燃料生産技術の最先端(13:15~15:15)
詳しくはこちら S3会場(B棟4階 B41)
乾 将行(RITE)
鈴木 健吾(ユーグレナ)
ペアで紹介します,WetとDryの融合研究(13:15~15:15)
♦ S4会場(E棟1階 E11)詳しくはこちら
堀之内 貴明(理研)
兒島 孝明(名大)

 

►Page Top