日本生物工学会は、生物工学分野で活躍する本会会員に対し、生物工学若手賞を授与しています。

注)所属は推薦・申請時のもの

受賞者一覧

受賞年受賞者所属受賞課題
第1回
2022年
(R.4)
大城 麦人九大院・農乳酸菌研究の異分野融合と複合微生物工学アプローチ
相馬 悠希九大院・農合成生物学を駆使した代謝工学研究の展開
高橋 将人筑波大・生命環境ガス環境に着目したラボスケールの液内振盪培養法の深化と新展開
徳山 健斗中外製薬バイオ生産プロセスのデジタルトランスフォーメーションに向けた先進技術研究
羽城 周平味の素次世代農業資材に向けた二本鎖RNAの高効率バイオ生産技術の開発
松沢 智彦香川大・農植物の多糖類を分解する微生物の緻密な酵素システム

►学会賞Topへ

 

Get Adobe Reader
PDFファイルをご利用いただくためにはAdobe Reader(無料)が必要となります。ダウンロードはこちらから。