ナノバイオテクノロジー研究部会代表
大阪大学 工学研究科
民谷 栄一

研究概要図pdf

生体は、ナノメートルスケールで秩序だった構造体の中で存在し機能しています。こうした生体の有するナノシステムの中で、情報伝達・処理、エネルギー変換、物質変換がきわめて有機的に行われており、これらは、次世代技術のシーズの宝庫といってもよいでしょう。したがって、こうした生体機能におけるナノ構造に基づいて生体機能を設計・創成し、応用展開しようとする研究開発は、きめて重要です。こうしたナノバイオテクノロジーを強力に推進するには、医療、環境、食糧などの各種バイオ関連分野との密接な連携が不可欠です。すでに国内外において一部関連分野の連携が開始されていますが、広汎なバイオテクノロジー分野を網羅するナノバイオテクノロジー研究会の組織化は、日本生物工学会においてなされるべきと考えています。特に、本研究部会では、ナノバイオテクノロジーに関する技術と産業界の持つニーズとの融合を計り、産官学共同研究の実現を目的とした情報の交換を行っています。さらに、今後のナノバイオテクノロジー分野における研究を活性化させるために日本生物工学会の会員を中心としたナノバイオテクノロジー関連研究者のネットワークの形成を推進ています。

大学公設研究所の研究者はいうまでもなく、産業界からの積極的な参加を募集いたします。

 

ナノバイオテクノロジー研究部会 研究紹介図

構成員

幹事委員民谷 栄一(大阪大学 産業科学研究所)
中野 秀雄(名古屋大院・生命農学)
植田 充美(京大院・農)
近藤 昭彦(神戸大院・工)
高木 昌宏 (北陸先端大・マテリアルサイエンス)
池袋 一典(東京農工大院・工)
福崎 英一郎(阪大院・工)
中村 史(産業技術総合研究所)
関 実(千葉大院・工)
永谷 尚紀(岡山理科大・工)
牛島 ひろみ(有)バイオデバイステクノロジー

これまでの活動

お問い合わせ先

大阪大学大学院工学研究科
民谷 栄一
TEL: 06-6879-4087 E-mail

 ►このページのTopへ

| 非線形バイオシステム研究部会 | 培養技術研究部会 | 代謝工学研究部会 | スローフード共生発酵工学研究部会 | メタボロミクス研究部会 | サスティナブル工学研究部会 | ナノバイオテクノロジー研究部会 | バイオインターフェイス研究部会 | 次世代植物バイオ研究部会 | 未培養微生物(微生物ダークマター)資源工学研究部会 | 生物資源を活用した地域創生研究部会 | バイオインフォマティクス相談部会 | 次世代アニマルセルインダストリー研究部会 | バイオ計測サイエンス研究部会 | 脂質駆動学術産業創生研究部会 | 生物工学若手研究者の集い(若手会)|