• オーガナイザー:堀 克敏(名大)
     
  • 日時:2020年9月3日(木)15:30~17:30 会場:C

【趣旨】 動物性蛋白質としての魚介類の需要が増加する一方で、乱獲による水産資源の枯渇が問題になる中、養殖に期待が集まっている。しかし、天然資源に頼る飼料や抗生物質投与など、従来型の養殖にも問題がある。本シンポジウムでは、抗生物質に頼らない魚病対策、非天然資源飼料の開発、バイオマスの飼料・エネルギー利用、ゲノム編集による育種、生物学的水質浄化技術など、低環境負荷の持続的な未来型養殖のための生物工学プラットフォームについて発信、議論、展望する。

プログラム

  • 15:30 はじめに …… 堀 克敏(名古屋大学 大学院工学研究科)

座長:堀 克敏

  • 15:35 (WS13-C01)
    ゲノム編集技術の海水魚養殖への応用と産業化への展開 
    …… ○家戸 敬太郎(近畿大学 水産研究所)

座長:田丸 浩

  • 16:00 (WS13-C02)
    シングルセルゲノム解析が変革する海洋微生物研究
    …… ○細川 正人1,2 (1bitBiome株式会社,2早稲田大学 規範科学総合研究所)
     
  • 16:20 (WS13-C03)
    魚類表皮プロバイオティクス技術の創生
    …… ○堀 克敏(名古屋大学 大学院工学研究科)
     
  • 16:40 休憩

座長:堀 克敏

  • 16:45 (WS13-C04)
    国内サケマス養殖の現状と展望
    …… ○小堀 彰彦(全国養鱒振興協会)
     
  • 17:05 (WS13-C05)
    未来社会の食料増産を目指したナマズ養殖の取組み
    …… ○田丸 浩(三重大学 大学院生物資源学研究科)

 

⇒生物工学Webシンポジウム – 日程表・プログラム