Journal of Bioscience and Bioengineering  Vol.126表紙

Journal of Bioscience and Bioengineeringは、バイオサイエンスとバイオエンジ二アリング分野における技術と知識の普及と発展を目的として日本生物工学会が刊行する英文誌であり、1923年の創刊以来、公正かつ迅速な査読により質の高い論文を多く掲載しています。

本誌は(1) 遺伝学、分子生物学、(2) タンパク質工学、酵素工学、遺伝子工学、(3) 微生物、植物、動物に関する酵素学、生理学、バイオテクノロジー、(4) 醸造工学、食品工学、(5) 環境バイオテクノロジー、(6) 生物化学工学、(7) 細胞工学、組織工学、(8) 医療工学、(9) バイオインフォーマティクスなど広範に渉る分野を包括しています。本誌により発信された研究成果の多くは、医薬、食品、醸造・発酵や環境など様々な分野で活用されています。

Print ISSN 1389-1723
Online ISSN 1347-4421
CODEN: JBBIF6      
Impact Factor: 2.015 (2017)

Vol. 126の表紙画像について

Streptomyces species are gram-positive filamentous soil bacteria that produce a wide variety of secondary metabolites including antibiotics. Genome sequencing projects of many Streptomyces species have revealed that they have a greater genetic potential to produce over 20 secondary metabolites. However, most of secondary metabolite biosynthetic gene clusters are poorly or not expressed under laboratory growth conditions. Kenji Arakawa’s research group focuses on unique biosynthetic machinery of secondary metabolites, their structural redesign, and genome mining for activating silent secondary metabolite biosynthetic genes. The photograph shows various mutants of Streptomyces rochei grown on yeast extract/malt extract/glucose agar medium for 7 days.

This image was contributed by Aiko Teshima at Arakawa’s laboratory, Hiroshima University (http://home.hiroshima-u.ac.jp/mbiotech/5lab/Arakawa/intro-J.html).

SPARC-JAPANパートナー誌

Journal of Bioscience and Bioengineeringは、SPARC-JAPAN(Scholarly Publishing and Academic Resources Coalition)のパートナー誌です。

国立情報学研究所と日本の学協会等が刊行するパートナー誌は、国際学術情報流通基盤整備事業活動を通じ、海外に流出する日本の優れた研究成果を、日本の研究者自身の手に取り戻し、海外への研究成果発信の一層の普及を推進することを目的に活動しています。SPARC Japan NewsLetterにて、最新の活動内容をご紹介しています。

SPARC Japan

►JBBTopへ戻る