Journal of Bioscience and Bioengineering  Vol.127表紙

Journal of Bioscience and Bioengineeringは、バイオサイエンスとバイオエンジ二アリング分野における技術と知識の普及と発展を目的として日本生物工学会が刊行する英文誌であり、1923年の創刊以来、公正かつ迅速な査読により質の高い論文を多く掲載しています。

本誌は(1) 遺伝学、分子生物学、(2) タンパク質工学、酵素工学、遺伝子工学、(3) 微生物、植物、動物に関する酵素学、生理学、バイオテクノロジー、(4) 醸造工学、食品工学、(5) 環境バイオテクノロジー、(6) 生物化学工学、(7) 細胞工学、組織工学、(8) 医療工学、(9) バイオインフォーマティクスなど広範に渉る分野を包括しています。本誌により発信された研究成果の多くは、医薬、食品、醸造・発酵や環境など様々な分野で活用されています。

Print ISSN 1389-1723
Online ISSN 1347-4421
CODEN: JBBIF6      
Impact Factor: 2.015 (2017)

Vol. 127の表紙画像について

Aurantiochytrium sp. overproducing unsaturated fatty acids (PUFAs) such as docosahexaenoic acid (DHA) and eicosapentaenoic acid (EPA), and carotenoids such as -carotene and xanthophylls (red droplets). To use the macroalgae Laminaria japonica (Konbu) as feedstock for the bioproduction of value-added lipids, mannitol, the main component of Konbu, should be converted to fructose which can be assimilated by Aurantiochytrium sp.

Following paper has demonstrated the efficient conversion of mannitol derived from Konbu to fructose by the psychrophile-based simple biocatalyst: Tajima, T. et al., “Efficient conversion of mannitol derived from brown seaweed to fructose for fermentation with a thraustochytrid”, J. Biosci. Bioeng., volume 125, issue 2, pages 180-184 (2018).

SPARC-JAPANパートナー誌

Journal of Bioscience and Bioengineeringは、SPARC-JAPAN(Scholarly Publishing and Academic Resources Coalition)のパートナー誌です。

国立情報学研究所と日本の学協会等が刊行するパートナー誌は、国際学術情報流通基盤整備事業活動を通じ、海外に流出する日本の優れた研究成果を、日本の研究者自身の手に取り戻し、海外への研究成果発信の一層の普及を推進することを目的に活動しています。SPARC Japan NewsLetterにて、最新の活動内容をご紹介しています。

SPARC Japan

►JBBTopへ戻る