次世代アニマルセルインダストリー研究部会では、「優秀学生発表賞」を設けております。優秀学生発表賞は、将来を担う研究者の卵たち(高専生、学部生および大学院生)の意欲向上や自身の研究に対する更なる理解を促す動機づけを目的としています。

本年度は、第73回日本生物工学会大会の期間中、2021年10月27日に研究部会主催で開催した優秀学生発表審査会において口頭発表および諮問を行いました。修士および博士課程の学生合わせて20名(修士12名、博士8名)のエントリーに対し、部会員の先生方による厳正な審査を行い、以下の5名の学生(修士3名、博士2名)に優秀学生発表賞を授与することといたしました。

優秀学生発表賞受賞者

  • 修士の部

    最優秀学生発表賞
    竹内友里さん(名大院・工) 

    優秀学生発表賞
    松嵜日南さん(阪大院・工) 
    秋山立幹さん(九大院・工)

  • 博士の部

    最優秀学生発表賞
    木村和恵さん(名大院・創薬)

    優秀学生発表賞
    北野裕之さん(九大院・工) 

受賞された皆様、おめでとうございます!さらなるご活躍と研究のご発展をお祈りいたします。なお、受賞者の写真および受賞レポートを部会HPに掲載予定です。次世代アニマルセルインダストリー研究部会では、今後も若手研究者の研究を奨励して、生物工学研究分野の発展に貢献したいと考えております。

 

►次世代アニマルインダストリー研究部会Topへ