こちらでは、生物工学会誌第97巻(2019年)の『バイオミディア』掲載記事(PDF)をご覧いただけます。
バイオミディアは発行日から3ヶ月後に一般公開しています。
過去号掲載記事(記事種別)一覧はこちら

1号2号3号4号5号6号7号8号9号10号11号12号

タイトル著者
<第97巻 第12号>  
微生物のニトロ化戦略冨田 宏矢732
生体模倣システムは新薬開発難化時代の救世主になり得るか?木村 啓志733
酵素を用いた二酸化炭素の有効利用原 良太郎734
精密ゲノム編集ジーンターゲッティングで可能となるデザイン育種横井 彩子735
食物繊維が育む“大人”のビフィズス菌藤田 清貴736
<第97巻 第11号>  
微生物の適応と多種共存…鈴木 研志鈴木 研志662
再生医療にむけたiPS細胞の大量製造堀口 一樹663
ニトロゲナーゼが次世代農業の救世主?笠井 拓哉664
炎症はエネルギー代謝の“偏り”に左右される岡田 貴裕665
ワインのミネラル清水 秀明666
<第97巻 第10号>  
微生物型ロドプシンのもたらす新たな生物と光の関係とその応用井上 圭一616
細菌も整列する森永 花菜617
糸状菌のセクレトームに隠された宝を探せ!鈴木 裕満
志水 元亨
618
EPA,DHAをつくる有用細菌小川 拓哉619
米の成分が語ること和久田真司620
マイクロバイオーム操作による植物の“品種改良”?池澤 信博621
<第97巻 第9号>
謎に包まれる3番目の生体運動―アーキアの遊泳運動―木下 佳昭571
細胞のヒソヒソ話を聞くために山口 哲志572
活性型ビタミンB6・PLPの新たな能力山本 啓介573
赤いドレスの女と敵対的生成ネットワーク中山 泰宗574
日本酒の官能評価を通して思うこと武田 文宣575
<第97巻 第8号>
海藻と微生物の“おいしい関係”岡﨑 文美503
ミクロな世界から生物を考える高部 響介504
LC-MSによる酵素活性測定法松本 謙一郎505
微生物結晶性タンパク質の機能浴野 圭輔506
<第97巻 第7号>
好冷菌,好熱菌,「広温菌」佐藤 悠
本田 孝祐
430
細胞培養画像のアカシックレコードの構築佐波 晶431
ちょっと気になる?海外ベンチャー・スタートアップ企業の動向森分 勇人432
葉の気孔は何個がベスト?爲重 才覚433
言葉を大切にする分析法,それが官能評価だ宮本 宗周434
<第97巻 第6号>
古くて新しいシアノバクテリアのクエン酸回路の研究小山内 崇349
細胞・組織を美しくイメージングするためのナノ薄膜ラッピング岡村 陽介350
極地に住む菌類の魅力辻 雅晴351
植物はどうやって温度を感じるのか児玉 豊352
バイオディーゼル副産物からの1,3-プロパンジオール発酵清 啓自353
<第97巻 第5号>
細菌の膜小胞を活用した感染症に対するワクチン平山 悟278
人工受容体発現細胞でがん治療?!細胞創製時代の幕開け河原 正浩279
熱に安定なタンパク質を創る藤井 創太郎280
DIY生物研究のすすめ中田 未友希281
巨大なジャポニカ米が秘める謎髙橋 圭282
<第97巻 第4号>
屋外でも利用可能な遺伝子組換え微生物を創る本村 圭211
哺乳動物の卵子を体外で産生する諸白 家奈子
尾畑 やよい
212
酵素はメカ化できるのか?中澤 光213
腸内細菌の定着とクォーラムセンシング河原 一樹214
食品を「悪くする」カビ渡辺 麻衣子215
バイオハイドロメタラジーによる鉱物処理と金属汚染水処理沖部 奈緒子216
<第97巻 第3号>
生物種を越えた多様なコミュニケーションの形奈須野 恵理134
気体に期待するがん治療仁宮 一章135
熱からみえるタンパク質機能緋田安希子136
酵素も『アクセ』でオシャレがしたい?田中 俊一137
微生物における共存と二次代謝生産手島 愛子
荒川 賢治
138
<第97巻 第2号>
微生物の非特異的な細胞接着吉本 将悟87
細胞の足場材料としての高強度ヒドロゲル岡野 千草88
ホスホリパーゼ~魅力的だけど厄介な酵素~辻本 善之89
タンパク質のクラスター化によるシグナル増強!?大久保 佑亮90
「教科書通り」の背後にある酒母の乳酸発酵の真実小栁 喬91
<第97巻 第1号>
花酵母ってなんだ木村 善一郎26
組織づくり古今東西―さまざまなかたちと進む道―岩井 良輔27
遠くの親戚より近くの他人~融合タンパク質による酵素変換~田島 誉久28
禁断の美食?:ヌクレオファジー菊間 隆志29
メチオニン代謝産物による新規生理機能益村 晃司
水沼 正樹
30

►このページのTopへ

第98巻(2020)第97巻(2019)第96巻(2018)第95巻(2017)第94巻(2016)
 

過去号掲載記事(記事種別)一覧へ
生物工学会誌Topへ