【西日本支部】若手研究者賞創設のお知らせと応募のお願い

日本生物工学会西日本支部では、この度「西日本支部若手研究者賞」を創設致しました。この賞は、生物工学の基礎、応用、技術の進歩に寄与した優れた若手研究者の研究を奨励し、さらにステップアップしていただくことを目的とするものです。若手研究者の皆さん、どうぞ積極的な応募をお願い致します。⇒詳しくはこちら

支部役員(2019-2020年度)

支部長稲垣 賢二(岡山大学)
副支部長芦内 誠(高知大学)
支部幹事(庶務)田村 隆(岡山大学)
支部幹事(会計)根本 理子(岡山大学)
支部幹事(企画)二見 淳一郎(岡山大学)
今中 洋行(岡山大学)
曲 正樹(岡山大学)
支部幹事(編集)二見 翠(岡山理科大学)
支部監事上村 一雄(岡山大学)
滝澤 昇(岡山理科大学)

支部長挨拶(2019年6月)

このたび、鳥取大学大城隆教授の後任として2013年以来6年ぶりに西日本支部長を仰せつかりました岡山大学の稲垣です。今期の西日本支部の最大行事は今年9月16日から18日にかけて学会史上初めて岡山市で岡山大学津島キャンパスを会場として開催される第71回日本生物工学会大会です。魅力あふれるシンポジウム23件をはじめ数多くの趣向を凝らした企画を用意して、皆様の参加を心よりお待ちいたしております。また西日本支部では、この地域で展開されている生物工学分野のさらなる飛躍をサポートするために、さまざまな学術交流や意見交換の場をアレンジし、支部活動の一層の充実・発展に努めていきたいと思っております。中国・四国9県における生物工学の発展、啓蒙のため、微力ながら支部役員と力を合わせていきたいと思いますので、会員の皆様の絶大なるご支援とご協力を、よろしくお願い致します。

活動紹介(生物工学会誌『Branch Spirit』掲載記事)

⇒過去の掲載記事一覧はこちら(2009年以降)
 

これまでの活動

2019年度2018年度2017年度2016年度2015年度2014年度2013年度2012年度2011年度2010年度2009年度2008年度2007年度2006年度2005年度

リンク

 

 

►支部活動Topへ