本年度の生物工学若手研究者の集い(若手会)夏のセミナー2019は7月20日~7月21日に、琵琶湖国定公園白浜荘にて開催されました。

おかげさまをもちまして全国から111名(一般47名、学生64名)の御参加をいただき、7件の特別講演、59件のポスター発表、全員参加の座談会を行いました。

初日

はじめに
若手会会長の今中先生にご挨拶いただき、講演会を開始しました。
若手会会長挨拶(今中先生)


講演会
初日の講演会では6名の先生方にご講演いただきました。研究内容だけではなく、研究とは何か、研究開発の苦労など、多彩なトピックをご講演頂きました。

特別講演1
『理学研究者が行うタンパク質工学~アカデミアが目指すべき技術開発とは?』
高木 淳一 先生(大阪大学 蛋白質研究所)
特別講演1(高木 淳一 先生)


特別講演2 
『生物と機械の融合—心筋・電気器官その他を用いた独創デバイス—』
田中 陽 先生(理化学研究所 生命機能科学研究センター)
特別講演2(田中 陽 先生)


特別講演3 
『特許出願する?しない?究極の選択!~そもそも発明って何?~』
前田 治子 先生(京都北山特許法律事務所)
特別講演3(前田 治子 先生)


特別講演4 
『腸内フローラ検査サービスMykinso立ち上げからの4年間を振り返って』
竹田 綾 先生(株式会社サイキンソー)
特別講演4(竹田綾先生)


特別講演5
『製薬企業における生物工学出身者のキャリアパス』
葛本 雅宣 先生(塩野義製薬株式会社)
特別講演5(葛本 雅宣 先生)


特別講演6
『ワイルドはセクシーである~夢のない研究なんてNGだぜ~』
内藤 健 先生(農業・食品産業技術総合研究機構 遺伝資源センター)
特別講演6(内藤 健 先生)

 

活発な討論が行われました。

討論の様子(1)


討論の様子2


ポスターセッション
59件のポスター発表で活発な議論が行われました。

BBQ
白浜荘でバーベキューの夕食を楽しみました。
学会長の髙木昌宏先生が乾杯の挨拶をされました。

討論会
朝方まで、研究やキャリアに関して討論が盛り上がりました。
 

2日目

講演会
二日目の講演会ではSpiber株式会社の村上先生にご講演いただきました。

特別講演7
『構造タンパク質の実用化への挑戦』
村上 賢宏 先生(Spiber株式会社)
 特別講演7(村上 賢宏 先生)


座談会
「これからの未来の話をしよう」というテーマで、研究の未来や今後のキャリアパスについて、全員参加型の座談会を行いました。
座談会1

座談会2


授賞式
1日目のポスター発表の投票結果から各ポスター賞が授与されました。

最優秀ポスター賞
橋本 講司(The Scripps Research Institute)
P10: 人間が作った文字を大腸菌が覚えた!人工塩基対による遺伝暗号拡張可能性の検証
最優秀ポスター賞(橋本 講司さん) 


優秀ポスター賞
藤野 美穂(広島大学)
P12: シンプル酵素触媒における酵素の高機能化に関する研究
優秀ポスター賞(藤野 美穂さん)


今井 祐太(名古屋大学)
P46: 細胞形態情報解析による神経系細胞の薬剤応答プロファイリング
優秀ポスター賞(今井 祐太さん)


大林 洋貴(九州大学)
P15: 薬物キャリアへの応用を志向したペプチド-小分子共集合体の創製
優秀ポスター賞(大林 洋貴さん)


白井 薫(石川県立大学)
P50: メタン発酵消化液による植物病原菌の生育抑制効果
優秀ポスター賞(白井 薫さん)


特別ポスター賞
佐藤 崚(九州大学)
P04: タンパク質の片末端集合化を可能にするPolyTagの機能性評価
特別ポスター賞(佐藤 崚さん)


緋田 安希子(広島大学)
P51: 植物病原菌は何を目印にして宿主を探す?
特別ポスター賞(緋田 安希子さん)


東 秀隆(岡山大学)
P17: 超好熱菌由来タンパク質CutA1を利用した高次構造体の構築と分子認識素子への応用
特別ポスター賞(東 秀隆さん)


優秀ポスターデザイン賞
北村 瑠璃子(大阪府立大学)
P28: サンゴに共生するRuegeria属細菌の分布調査を目的とした環境DNA検出法の検討
最優秀デザイン賞(北村 瑠璃子さん)

おめでとうございます。

 

おわりに
実行委員から、お礼申し上げ、閉会とさせていただきました。

会場で集合写真を撮影しました。

 
若手会夏のセミナー2019 集合写真 

本セミナーをご支援いただきました日本生物工学会(本部、関西支部、バイオインフォマティクス相談部会)、 加藤記念バイオサイエンス振興財団、ご協賛・ご寄附を頂きました多数の企業様(サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社、宮野医療器株式会社、株式会社島津製作所、株式会社池田理化、三洋貿易株式会社、月桂冠株式会社)に深く御礼申し上げます。また、ご多忙の中、講演をお引き受けくださいました講師の先生方、会場のお世話をしてくださいました白浜荘の皆様、本セミナー開催の機会をくださりサポートくださいました若手会役員の先生方に心より感謝申し上げます。そして、全国よりお集まりいただきました参加者の皆様、誠にありがとうございました。本セミナーをきっかけに、皆様の交流の輪がさらに広がることを祈念しております。

来年も福岡での夏のセミナーにてお会いしたいと思います。

生物工学若手研究者の集い夏のセミナー2019 実行委員一同
青木 航(京大)
安藤 晃規(京大)
岡橋 伸幸(阪大)
曽宮 正晴(阪大)
西村 勇哉(神戸大)
堀之内 貴明(理研)
三浦 夏子(阪府大)

►Page Top

⇒若手会Topへ