日本生物工学会東日本支部は2016(平成28)年度より、生物工学の基礎、応用、技術の進歩に寄与した、若手の東日本支部所属本会会員に対して、『日本生物工学会東日本支部長賞』を授与しています。 2020年度は、8月24日(月)に開催された「生物工学フォーラム『情報解析が切り拓く創薬・生物工学研究の新展開」」にて受賞候補者の研究講演会が行われ、 以下の1名が選考されました。

2020年度受賞者紹介

高橋 将人 氏

  • 所属:筑波大学(博士研究員)
  • 受賞課題:振盪フラスコ培養中の気相環境の解析と利用

 

♦関連記事:

►東日本支部Topへ